インスリン製剤の種類と効き方

インスリン製剤による効き方の違い

 インスリン療法では、インスリン製剤が入った注射をします。

インスリン製剤には、効果が出るまでの時間や、効果の持続時間により、超速効型・速効型・中間型・混合型・持効型の5種類に分けられます。

 下記にそれぞれのタイプの特徴をイメージ化してみました。

インスリン製剤の種類と効き方

 超速効型や速攻型は、食後の血糖値をすばやく下げる効果があり、時効型はほぼ1日中効いて、1日を通して血糖値を低く抑えます。中間型や混合型は、速攻型や時効型のいいところを組み合わせたような効き方をします。

 どのタイプの薬をどれくらい注射するかというのは、患者さんの状態や血糖値の状態によって違います。注射が1日1回の場合もあれば、4回打つ場合もあります。

主なインスリン製剤

 市販されているインスリン製剤は下記です。薬の効き方によって分類しています。

効き方 製剤名 効果
超速効型
ノボラピッド/ヒューマロ/アピドラ 10~20分で効き始め、3~5時間持続する
速効型
ノボリンR/ヒューマリンR/ ペンフィルR/ノボレットR/ ヒューマカートR 食前30分前に注射して、1~3時間後が効き目のピーク。5~8時間作用が続く
中間型
ノボリンN/ヒューマリンN/ ペンフィルN/ヒューマカートN/ヒューマログN/イノレットN 注射して30分〜3時間で効き始め、18~24時間持続する
混合型
ノボリン30R/ヒューマリン3/7/ ペンフィル10R〜50R/ノボレット10R〜50R/ ノボラピッド30ミックス いろいろな薬を調合しているので、早く効き、長く効果が持続する
持効型 レベミル/ランタス 注射して1~2時間で効き始め、ほぼ1日中持続する

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ