糖尿病と肥満(メタボリックシンドローム)

糖尿病と肥満(メタボリックシンドローム)

肥満メタボ 肥満糖尿病(2型糖尿病)になる大きな原因の1つですが、肥満には、「皮下脂肪型」「内臓脂肪型」があります。

皮下脂肪型は、皮の下に脂肪が蓄積するタイプで、内臓脂肪型は、腸の周りに脂肪が蓄積するタイプです。

 メタボリックシンドローム(メタボ)という言葉がありますが、メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型の肥満で、高血圧・高血糖・脂質異常症の内いづれか1つを合わせ持った状態のことをいいます。

 メタボリックシンドロームの判定で重要視されるのが、BMIの計算でわかる肥満度です。下記の計算式に、ご自分の身長と体重を当てはめて、計算してみてください!

BMI

 BMIが25以上の人は肥満とされます。またBMIが正常の人でも、腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上あるか、腹部CT検査で内臓脂肪面積が100平方センチ以上あれば、内臓脂肪型の肥満とされます。(隠れ肥満と呼ばれます。)

 メタボリックシンドロームは、このBMIの数値と、血糖値や血中の脂質、喫煙、飲酒状況などを総合的に考慮して、判定されます。

肥満と肥満症

肥満症 先のBMIの計算で、25以上の人は肥満とされますが、30以上であった場合や、他のダイエットが必要な病気を持っている場合は、重度の肥満とされ肥満症と判定されます。

 肥満は病気ではありませんが、肥満症は治療が必要になる生活習慣病という1つの病気です。

肥満の予防には、食事と運動が必要

食事と運動 糖尿病の予防や治療のためには、食事の改善と運動習慣が必要不可欠です。

運動が苦手だから食事だけでダイエットをすると、筋肉が優先的に減りますので、見た目にはやせていても、筋肉が少なく脂肪が多い隠れ肥満の状態になってしまいます。

 やはり筋肉を維持しながら脂肪を落としていくには、バランスが良くカロリーを抑えた食事と、無理のない継続的な運動が必要不可欠なのです。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ