運動療法 −【糖尿病の治療】

適度な運動習慣で血糖コントロールを

 糖尿病治療で、食事療法と併行して行うのが、"運動療法"です。

運動療法では、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、軽いスクワットなどの筋力トレーニング、筋肉の疲労をとり、血行を良くするストレッチングを行います。

 運動療法では、きつい運動を短い期間行うよりも、軽くてもいいので無理のないペースで継続的に行う方が効果は抜群です!継続は力なりです!

 運動を習慣にすることで、血糖値を下げる効果がありますので、糖尿病をコントロールすることができるのです!

運動療法

 糖尿病になってしまう人は、運動習慣が全くなかった方が多く、糖尿病になってから運動を習慣にすることは大変かもしれませんが、無理せずできる範囲でいいので、少しずつ続けていくことが大切です!

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ