糖尿病の人と健康な人の比較

糖尿病の人と健康な人の違い

 糖尿病の人健康な人の違いは、インスリンがきちんと働いているか働いていないかということです。糖尿病の人は、インスリンの働きが不十分なため、血糖値が高くなり、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 食べ物が口から入って分解・吸収され、血糖値が上がったり下がったりする行程を、糖尿病の人と健康な人で比較してみました!

  糖尿病の人
糖尿病
健康な人
健康
食事 糖質(炭水化物)を食べる 糖質(炭水化物)を食べる
分解・吸収 胃や腸で糖質がブドウ糖に分解され、血液中に吸収される 胃や腸で糖質がブドウ糖に分解され、血液中に吸収される
血糖値 血糖値が上がる 血糖値が上がる
すい臓 血糖値が上がったが、インスリンがあまり分泌されない 血糖値が上がったので、インスリンが分泌される
インスリンの働き インスリンの分泌量が少なかったり、働きが悪くなっているので、血液中のブドウ糖がエネルギーとして消費されない インスリンの働きで、ブドウ糖が身体の各組織のエネルギーとして消費される
血糖値 一度上がるとなかなか下がらない 食後数時間で、元の血糖値に下がる
身体の状態 血糖値が高い状態が続き、血液中に溢れたブドウ糖が全身に周り、身体の各組織を傷つけ、さまざまな合併症を引き起こす 血糖値は一定の範囲内で上下するだけで、ブドウ糖は適切にエネルギーになる

 糖尿病と健康な人では、インスリンの働きが違っていることで、血液中のブドウ糖がエネルギーになるか、身体の各組織を傷つける毒になるか変わってくるのです。

また、糖尿病の人は肥満体型が多く、脂肪細胞が多いとインスリンの働きが、さらに悪くなります。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ