運動をすると血糖値が下がる

運動と血糖値

運動と血糖値 糖尿病の治療では、食事療法の他に"運動療法"が不可欠です。詳しくは、運動療法でご紹介しておりますが、運動を習慣的に行うことで、血糖値を下げる効果があります。

 糖尿病の人は、血液中のブドウ糖をうまく代謝できません。また、肥満の人が多いので、異常に太った脂肪細胞からインスリンの働きを悪くする物質がでます。さらに運動不足が加わると、余ったブドウ糖が肝臓にたまり、脂肪として蓄積されてしまいます。最悪の悪循環です。

 運動をすることによって、血液中のブドウ糖を代謝でき、脂肪を燃焼することで、インスリンの働きを良くします。さらに、筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり、ブドウ糖が消費されやすい身体にすることができるのです!

筋肉でブドウ糖が代謝される仕組み

 人間が運動したり活動したりするためには筋肉が必要です。筋肉は血液中のブドウ糖をエネルギーとして使うことで動きます。ここで活躍するのが、筋肉中にある、GLUT4(グルットフォー)と呼ばれる物質です。

糖代謝 血液中のブドウ糖が筋肉で消費されるためには、まずインスリンがブドウ糖がきたことを、筋肉中のGLUT4に知らせます。

すると、筋肉中のGLUT4がでてきて、血液中のブドウ糖を筋肉に取り込みます。GLUT4のおかげで、ブドウ糖が筋肉で代謝されるのです。

 GLUT4は、運動を続けることでその数が増えます。GLUT4を増やすために有効な運動が、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、軽いスクワットなどの筋力トレーニング、筋肉の疲労をとり、血行を良くするストレッチングの3つが有効です。

 また、GLUT4は一度増えると3日間は数が保たれますので、1日おきに運動をすれば、GLUT4の数を維持できますので、良い血糖コントロールが保たれます。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ