糖尿病の教育入院

自己管理のための教育入院

糖尿病の教育入院 糖尿病はクリニックや医療機関等で、教育入院をすることがあります。

糖尿病は、自分で血糖値をコントロールすることが非常に大切な病気なので、糖尿病の知識や運動の大切さ、薬の効果やインスリン注射の打ち方などを学びます。

 教育入院は通常1〜2週間程度で行われますが、教育入院は普通の入院とは違い、けっこう忙しいのです。ある病院の教育入院のスケジュールを見てみましょう!

こちらのページの1週間コースと2習慣コースを見てみましょう!

 ざっと目を通しただけでも、朝から晩まで予定が詰まっているというイメージがわかると思います。

 基本的なメニューは、糖尿病についての知識を学ぶ糖尿病教室。食事の知識や食事の仕方を学ぶ栄養指導。どのような運動をすればよいのかを学ぶ運動教室。糖尿病の薬について学ぶ服薬指導などがあります。

それぞれの指導は、医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・理学療法士などが、チームを組んで患者の指導にあたります。

また教育入院中には、どのようなタイプの糖尿病なのか、合併症が出現していないか、などの精密検査も行います。

 教育入院は、通常1週間や2週間が普通ですが、仕事などで忙しい方は、通院で同様の指導を行っているクリニックや医療機関もありますので、糖尿病と向き合っていくためにも、積極的に活用しましょう!

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ