α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)

α-GI薬の働き・対象者・副作用

薬の働き

 糖の消化・吸収を助けるα-グルコシダーゼという酵素を阻害することで、腸からの糖の吸収を穏やかにします。

対象者

 糖尿病初期の患者から重度の人まで。食後血糖値が高くなってしまう人。

副作用

 腹部膨満感・おなら・下痢。低血糖。

作用する部位

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)について

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬) 糖の消化や吸収を助けるα-グルコシダーゼという酵素がありますが、糖尿病の人は糖の消化や吸収を抑えたいので、α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)を服用することによって、α-グルコシダーゼの働きを阻害し、糖の吸収を穏やかにします。

 1日3回食前に服用することで、食後急に血糖値が上がらず、緩やかに長い時間をかけて上がります。血糖値がゆっくりと上がることによって、高血糖による細胞組織の損傷を防ぎます。

 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)は、腸内でガスを発生させる作用がありますので、腹部膨満感・おなら・下痢といった、消化器系の副作用がでることがあります。

 また、この薬だけで低血糖を起こすことはほとんどありませんが、他の薬と併用することで、低血糖になる場合があります。もし低血糖になったら、アメやジュースなどのショ糖は吸収が悪いので、ブドウ糖の飴を食べるようにしてください。

 α-グルコシダーゼ阻害薬は、糖尿病の人に使われる薬ですが、糖尿病予備軍である境界型の人にも、予防的に使われることがあります。

代表的なα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)

一般名
商品名
メーカー
用法・用量
アカルボース グルコバイ バイエル薬品・田辺三菱製薬 150~300mg/日、1日3回食直前
ボグリボース ベイスン 武田薬品工業 0.6~0.9mg/日、1日3回食直前
ミグリトール セイブル 三和化学研究所 150~225mg/日、1日3回食直前

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ