インスリン分泌促進薬(グリニド薬)

グリニド薬の働き・対象者・副作用

薬の働き

 すい臓のインスリンの分泌を促す。服用30分程度で効き始め、2〜3時間で効き目がなくなる。早く効き早く効果がなくなる薬です。

対象者

  すい臓からインスリンを少量でも分泌している人。インスリンの働きが弱まっている人。食後だけ血糖値が高くなるような、比較的初期の糖尿病患者。

副作用

 低血糖(スルフォニル尿素薬(SU薬)に比べると起こりにくい)

作用する部位

インスリン分泌促進薬(グリニド薬)について

インスリン分泌促進薬(グリニド薬) インスリン分泌促進薬(グリニド薬)は、その名の通りインスリンの分泌を促進する薬です。

 インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の特徴は、薬を飲んで30分程度で薬の効果がでてきて、2〜3時間で効果がなくなるということです。

早く効き始め早く効果がなくなります。そのため食前に服用することで、食後の高血糖を抑える効果があります。

 この薬の副作用である低血糖は、スルフォニル尿素薬(SU薬)に比べれば起こしにくいのですが、食前に薬を飲み忘れたからといって、食後に服用してしまうと、血糖値が上がるタイミングがずれ、まれに低血糖を起こすことがあるので、飲み忘れには注意しましょう!もし飲み忘れてしまったら、次の食事の前まで薬は飲まない方がいいです。

 また、インスリン分泌促進薬(グリニド薬)は、次のページで解説する同じく食後の血糖値を下げる効果がある、α-グルコシダーゼ阻害薬と一緒に処方されることがあります。

代表的なインスリン分泌促進薬(グリニド薬)

一般名
商品名
メーカー
用法・用量
ナテグリニド スターシス アステラス製薬 270(360)mg/日、1日3回食直前
ファスティック 味の素製薬・第一三共
ミチグリニドカルシウム水和物 グルファスト 武田薬品工業・キッセイ薬品工業 30(60)mg/日、1日3回食直前

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ