インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)

GLP-1受容体作動薬の働き・対象者・副作用

薬の働き

 すい臓のβ細胞からインスリンが分泌されますが、インスリンの分泌を促すホルモンに、インクレチン(GLP-1)というホルモンがあります。

GLP-1は、大半がDPP-4という酵素に分解されてしまいますが、GLP-1受容体作動薬は人工的に作られた薬なので、分解されにくく、インスリンの分泌を促進することができます。

対象者

 すい臓からインスリンを少量でも分泌している人。インスリンの働きが弱まっている人。

副作用

 人によって、下痢・便秘・吐き気などを起こす場合がある。他の薬と併用すると、低血糖を起こす場合がある。

作用する部位

インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)について

インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬) 食事をすると、腸からインクレチンというホルモンが分泌されます。

このインクレチンの中にあるGLP-1という物質には、すい臓のインスリンの分泌を促す働きがあります。

しかしGLP-1は、腸から分泌された後、DPP-4という酵素に大半を分解されてしまいます。これではインスリンの分泌が弱っている糖尿病の人にとっては不都合です。

そこで、GLP-1受容体作動薬という注射薬が有効です。GLP-1受容体作動薬は、GLP-1とほぼ同じ働きをするのですが、人工的に合成された薬のため、DPP-4に分解されにくいという特徴があります。

ですので、GLP-1受容体作動薬を注射することにより、インスリンの分泌を効果的に促すという働きがあります。

 また、食後など血液中のブドウ糖が増えたときだけインスリンの分泌を促しますので、低血糖を起こしにくいという特徴があります。

さらに、GLP-1受容体作動薬には、食欲を抑える働きもあり、体重の増加を抑える効果もあります。

ただし、人によって下痢・便秘・吐き気などの副作用があり、長期間使用すると薬が効きにくくなるという欠点もあります。

代表的なインクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬)

一般名
商品名
メーカー
用法・用量
エキセナチド バイエッタ 日本イーライリリー 1回5μgを、1日2回皮下注射(朝食前、夕食前)
リラグルチド ビクトーザ ノボノルディスクファーマ 0.9mg/日、1日1回、朝か夕に皮下注射

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ