インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬)

DPP-4阻害薬の働き・対象者・副作用

薬の働き

 すい臓のβ細胞からインスリンが分泌されますが、インスリンの分泌を促すホルモンに、インクレチン(GLP-1)というホルモンがあります。

このインクレチン(GLP-1)を分解するDPP-4という酵素を阻害し、インスリンの分泌を促します。

対象者

 すい臓からインスリンを少量でも分泌している人。インスリンの働きが弱まっている人。

副作用

 DPP-4阻害薬は、低血糖を起こしにくい薬ではありますが、他の薬(スルフォニル尿素薬・SU薬)と一緒に飲む場合は、薬が効きすぎて低血糖を起こす可能性があります。

作用する部位

インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬)について

DPP-4阻害薬 食事をすると、腸からインクレチンというホルモンが分泌されます。このインクレチンの中にあるGLP-1という物質には、すい臓のインスリンの分泌を促す働きがあります。

しかしGLP-1は、腸から分泌された後、DPP-4という酵素に大半を分解されてしまいます。そこで、DPP-4阻害薬という薬を服用して、DPP-4をブロックすることでGLP-1を守り、インスリンの分泌を促すという効果があります。

 DPP-4阻害薬の最大の特徴は、食事をして血糖値が高くなったときにだけ、インスリンの分泌を促すということです。そのため、低血糖になりにくいというメリットがあります。

また、すい臓のα細胞から分泌されるグルカゴンというホルモンの分泌を抑えることで、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

代表的なインクレチン関連薬(DPP-4阻害薬)

一般名
商品名
メーカー
用法・用量
アログリプチン安息香酸塩 ネシーナ 武田薬品工業 12.5~25mg/日、1日1回
シタグリプチンリン酸塩水和物 グラクティブ 小野薬品工業 25~100mg/日、1日1回
ジャヌビア MSD
ビルダグリプチン エクア ノバルティスファーマ 50~100mg/日、1日1~2回

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ