糖尿病の治療

糖尿病の治療の目的

治療 糖尿病の治療は、食事療法・運動療法・薬物療法の三本柱で進めていきます。

1度にすべてするのではなく、まずは食事療法と運動療法からはじめて、それでも血糖コントロールが充分にされない場合は、薬物療法を加えていくといった治療の進め方です。

 糖尿病治療の最大の目的は、「糖尿病の進行を抑え、病気を自分でコントロールする」ということです。自分で病気をコントロールできれば、怖い合併症も予防することができるのです。

1番大切なのは、食事療法

 糖尿病の治療の中で最も大切なのが"食事療法"です!

糖尿病は、食事で体内に取り入れたエネルギー(ブドウ糖)を、うまく制御できなくなり、血糖値が上がってしまい、さまざまな合併症を引き起こす病気です。

ですので、食事が非常に重要で、炭水化物の量を減らして、体内に取り込まれるエネルギー摂取量を減らしたり、栄養バランスのとれた食事をすることで、血糖値の急激な上昇やすい臓の疲弊を防ぎ、合併症の予防をすることができるのです。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ