その他の怖い糖尿病の合併症

その他の怖い合併症

 糖尿病には、網膜症・腎症・神経障害という3大合併症がありますが、糖尿病は、血液中に溢れたブドウ糖が全身に回り、あらゆる血管や細胞、神経を傷つける病気ですので、3大合併症以外にも、さまざまな合併症を引き起こします。

動脈硬化

動脈硬化 動脈硬化は、動脈の血管の中にプラークと言われる脂肪やコレステロールの塊ができ、血液の通り道が狭くなっている状態のことを言います。その名のとおり、血管の柔軟性が失われ、固くなります。

プラークがあることで、血液の流れが悪くなったり、血栓ができてしまい、血液の流れを遮断してしまったりします。

 動脈硬化になると、動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなるため、心筋梗塞脳梗塞脳卒中になる可能性が高くなり、特に糖尿病の人が脳卒中になる確率は、健康な人の3倍であると言われてます。

 動脈硬化を引き起こす原因は、高血糖・高血圧・脂質異常症・喫煙などがありますので、コレステロールを上げる動物性脂肪や、塩分のとりすぎには十分に注意しましょう!

歯周病

歯周病 糖尿病になると、健康な人より歯周病が起こりやすく、重症化しやすいという特徴があります。

 歯周病は歯周病菌の感染により、歯肉が痩せていき、歯周ポケットの隙間が広がっていき、やがて歯が抜けてしまう病気です。

また、歯周病があると血糖のコントロールがうまくいかないことがあり、逆に歯周病が治ると、血糖コントロールもうまくいくということがあります。

感染症

感染症 感染症とは、ウイルスや細菌により発症するさまざまな病気の総称です。一般的に言われている風邪なども感染症です。

 糖尿病になると、身体の免疫力が弱くなりますので、感染症にかかりやすく、重症化しやすいという特徴があります。

 糖尿病の人がかかりやすい感染症には、風邪・気管支炎・肺炎・膀胱炎・腎盂炎 ・水虫・カンジタ・虫歯・歯周病などがあります。

認知症

認知症痴呆症 糖尿病の人は、アルツハイマー型認知症や痴呆症になる可能性が、健康な人の2〜4倍高いと最近の研究でわかっています。

 認知症や痴呆症になっても、糖尿病の治療は続けなければならないため、食事や運動の管理、薬の管理などは介助者が行わなければならないため、介護が必要になります


 以上のように、糖尿病にはさまざまな合併症がありますので、定期健診の結果だけでなく、歯の状態をチェックしたり、足の状態をチェックしたりといった、日々の確認作業がとても大切です。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ