神経障害(知覚・運動・自律神経)

糖尿病の神経障害

神経障害 糖尿病になると、血液中にブドウ糖があふれている高血糖の状態になります。高血糖状態では、血液中に糖が多いわけですから、砂糖水のようにドロドロした状態になります。

血液がドロドロしていると、各細胞組織の隅々まで血液が行き渡らず、全身の各神経組織や内臓の働きに異常を起こします。

 糖尿病の神経障害には、運動神経障害・知覚神経障害・自律神経障害があります。それぞれどのような症状が起こるのか、下のイラストをご覧ください。

神経障害

 運動神経・知覚神経の障害では、手足がしびれたり、痛みや熱さに鈍くなったり、急に足がつるこむら返りが起こりやすくなります。

 自律神経障害では、胃腸の働きが悪くなったり、吐き気や頭痛、ほてりや冷えなど、身体のさまざまな箇所に症状が起こります。

糖尿病と足の病気

 糖尿病では、足の病気にかかりやすくなりますので、毎日の足のチェックがかかせません。下のイラストが足に異常がでやすい部分です。

足の病気

 足の異常で最も怖いのは、糖尿病になると足の感覚が鈍くなってしまうので、気づかないうちに足が炎症している潰瘍や、足が腐ってしまう壊疽(えそ)です。

もし壊疽していて発見が遅れると、最悪足を切断しなければならなくなりますので、毎日足の状態をチェックして、異常がないかチェックする習慣をつけることが大切です。

神経障害の治療

 身体に何らかの神経障害が起きている場合は、適切な血糖コントロールを続けることで、神経機能を回復させ治癒することも可能です。

 医師の指示に従って、食事療法・運動療法・薬物療法を続けていきましょう!

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ