目の病気(網膜症) −【糖尿病の合併症】

失明の危険もある目の病気ー網膜症

 糖尿病合併症に"網膜症"という目の病気があります。

 網膜症は、成人の失明原因の第1位になっており、年間に3500人以上の人が失明しているという怖い病気です。糖尿病になって10年以上経つと、網膜に何らかの異常があるといわれていますので、人ごとではない病気です。

目のしくみと構造

 網膜症の解説をする前に、簡単に目のしくみと構造を解説致します。

目の仕組み構造

 目で物が見える仕組みですが、目で物を見ると、目からが入ります。

光は水晶体を通って網膜に届きます。網膜では、届いた光を映像化し、視神経に送って脳へ送られます。

 以上が目で物が見える仕組みです。

 網膜には毛細血管がたくさん集まっており、眼球に栄養や酸素を送る役割を持っている大切な部分なのですが、糖尿病になり高血糖の状態が続くと、この網膜に異常がでてきます。

 網膜に異常が出てきた時点で網膜症と診断されますが、症状の進行具合で、単純網膜症→前増殖網膜症→増殖網膜症の順に進んでいきます。

単純網膜症・前増殖網膜症

網膜症

 網膜症の初期段階である単純網膜症や、少し進んだ前増殖網膜症では、網膜がもろくなり、毛細血管がつまってところどころ破れ、点状出血が起こります。

また、血液中のたんぱく質や脂肪分が網膜内に染み出て、白斑ができたりします。

この段階では自覚症状がほとんどなく、眼底検査をしなければ発見できません。

治療法は、血糖コントロールレーザー治療を行います。

増殖網膜症

増殖網膜症

 網膜症が進むと、硝子体の中に新生血管という新たな血管が作られ、それが硝子体の中に伸びていき、やがて出血します。

また、網膜がもろくなり網膜が剥がれてしまう網膜はく離が起こったりします。最悪、失明することもある深刻な状態です。

この段階では、目が見えにくくなる視力低下、物がぶれて見える、黒いものがちらつくなどの自覚症状があります。

治療法は、血糖コントロールと、まだ軽度の内はレーザー治療で治ります。病状が進んでくると、硝子体手術をすることもあります。


 糖尿病性網膜症は、症状がかなり進行するまでほとんど自覚症状がないので、日々の血糖コントロールと定期的な眼底検査で、早期発見・早期治療が大切です。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ