糖尿病の3大合併症

糖尿病の合併症とは

 糖尿病3大合併症は、網膜症・腎症・神経障害です。しかし糖尿病は、血液中に溢れたブドウ糖が全身に回り、あらゆる血管や細胞、神経を傷つける病気ですので、3大合併症以外にも、さまざまな合併症を引き起こす病気です。

糖尿病になると、身体のどの部分にどんな病気が発症する可能性があるのか、下のイラストを見てみてください!

合併症

 以上が、糖尿病になると発症する可能性のある合併症です。

いくつか聞いたことがある病気もあるのではないでしょうか?

 まず3大合併症である網膜症は、視力が悪くなったり、失明することもある病気です。腎症は、腎臓の尿を作る機能が衰え、老廃物を除去できなくなる病気です。

神経障害は、手足の末梢神経に異常が起こり、手足の感覚が鈍くなったり、しびれや痛みが起こります。神経障害が進むと、壊疽(えそ)といって足が腐ってくることもあります。

 3大合併症だけでも十分怖いのですが、他にも心筋梗塞や脳梗塞などの死に直結する病気や、高血圧、脂質異常症などの動脈硬化につながる病気、歯周病、肺炎、カンジタ症、壊疽(えそ)、水虫などの感染症などにもかかりやすくなります。

さらに最近になって、認知症や無呼吸症候群なども糖尿病の合併症であることがわかっています。

 ブドウ糖は、適切な量であれば活動に必要なエネルギー源になりますが、増えすぎて血糖値が高くなると、身体の細胞や組織を傷つけてしまい、さまざまな合併症を引き起こすのです。

 次のページから、糖尿病の3大合併症、網膜症・腎症・神経障害について、さらに詳しく解説しておりますのでご覧ください(^^)

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ