インスリンとは

インスリンはすい臓から

インスリンすい臓 糖尿病という病気は、インスリンというホルモンの分泌が減少したり、働きが悪くなることで起こる病気です。

 インスリンは、すい臓で作られています。もう少し詳しく言うと、すい臓の中にはランゲルハンス島という細胞のかたまりがあり、その中のβ細胞というところでインスリンは作られます。

インスリンの働き

 インスリンには、下記のような働きがあります。

血液中のブドウ糖を筋肉や細胞へ運び、エネルギーとして使う

肝臓や筋肉で、ブドウ糖を「グリコーゲン」に作り変え、蓄える

余ったブドウ糖を、脂肪に作り変え、蓄える

肝臓のグリコーゲンがブドウ糖になるのを防ぐ

 インスリンにはの働きがあるため、血液中のブドウ糖量を減らし、血糖値を下げる働きがあります。

糖尿病とインスリン

 通常、口から糖質(エネルギー)を食べると、ブドウ糖が血液中に流れるため、健康な人でも血糖値は一時的に上昇します。

 健康な人の場合、すい臓からインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖は徐々に使われていくので、血糖値はあまり上昇せず、食後数時間すれば、元の状態に戻ります。

 しかし糖尿病の人の場合、インスリンの分泌や働きが悪くなっているため、血液中のブドウ糖がなかなか消費されず増え続けてしまい、食後数時間たっても、なかなか血糖値が下がらないという状態になります。

糖尿病が悪化すると、インスリンは作られなくなる

 糖尿病なのに放っておいたり、治療を途中でやめてしまうと、糖尿病が悪化し、インスリンの分泌や働きがさらに悪くなります。

 こうなると、血液中のブドウ糖が筋肉や細胞にエネルギーとして使われなくなります。筋肉や細胞にエネルギーがないので、身体はブドウ糖が足りないのかと勘違いしてしまいます。すると今度は、ランゲルハンス島にあるα細胞から、「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。

グルカゴンは、肝臓や筋肉や脂肪細胞に貯蔵してあるグリコーゲンや脂肪を、ブドウ糖に戻す働きをしますので、血液中にブドウ糖がたくさんあるにもかかわらず、さらにブドウ糖を増やして血糖値を上げてしまいます。

ちなみに糖尿病が悪化すると、食べているのに痩せてくるのは、筋肉や脂肪細胞がグルカゴンによって分解されているからです。

 グルカゴンによって血糖値がどんどん上昇すると、やがてインスリンを作っているすい臓のβ細胞が壊れてしまい、インスリンが全く作られなくなってしまいます。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ