糖尿病を放っておくと

糖尿病を放っておくと

糖尿病 糖尿病サイレントキラーとも呼ばれ、初期の頃はほとんど症状が現れません。血糖値が高くなっても顕著な症状がでるわけではなく、普通に過ごせます。

しかしそのまま放っておくと、数年後には必ず合併症になって症状がでてきます。合併症の中には突然意識を失う、ケトアシドーシスという急性の合併症もあり大変危険です。

また、もっと怖いのが慢性の合併症で、3大合併症である網膜症・腎症・ 神経障害をはじめ、心筋梗塞や脳梗塞などの死に直結する病気や、高血圧、脂質異常症などの動脈硬化につながる病気、歯周病、肺炎、カンジタ症、壊疽(えそ)、水虫などの感染症があります。

さらに最近になって、認知症や無呼吸症候群なども糖尿病の合併症であることがわかっています。

 糖尿病の合併症は、初期の頃から起こる可能性があり、治療しないまま放っておくと、年々発症の可能性が上がってきて、いつ合併症を併発してもおかしくない状況になります。

 合併症の可能性を低くするためにも、糖尿病はできるだけ早く治療を開始することと、途中で治療をやめてしまわないということが、非常に大切です!

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ