糖尿病の治療法

糖尿病の治療の流れ

 糖尿病の治療は、食事療法・運動療法・薬物療法の3本柱で進めていきます。
まずは下記の糖尿病治療の流れをご覧ください。

糖尿病治療

 以上のイラストのように、糖尿病の治療では、まずは薬を使わず食事療法や運動療法から始め、それでも血糖値が改善されない場合や、すでに悪化している場合には、薬物療法も加えていくといった進め方をします。

食事療法

 糖尿病の治療で1番重要なのが食事療法です。糖尿病は食事によって体内に取り込んだブドウ糖をうまく代謝できなくなり、すい臓が疲弊し、さまざまな合併症を引き起こす病気です。

ですので、食事で体内に取り入れるブドウ糖(炭水化物)の量を制限することで、すい臓の負担を和らげ、血糖値の上昇を防ぎます。

また、栄養バランスの良い食事をすることで、血糖値の上昇を緩やかにし、合併症の発症を予防します。

運動療法

 糖尿病と肥満は深く関係しており、肥満を防ぐことで糖尿病の予防になり、肥満を解消することで、糖尿病の進行を防ぐことにもなります。

特に、内臓脂肪が増えると、異常な脂肪細胞が増えて、そこからインスリンの働きを悪くするホルモンを分泌します。

 ウォーキングなどの有酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチなどを継続的に行うことで、血糖値を下げることもできますし、筋肉量が増えると、筋肉に蓄えられるブドウ糖の量が増えますので、血中の血糖値が上がりにくい体になります。

薬物療法

 食事療法と運動療法を行っても、血糖のコントロールが充分でない場合は、薬物療法を行います。薬物療法には、飲み薬注射があります。

 糖尿病の治療というと、インスリンの注射(インスリン療法)を思い浮かべる人が多いですが、たいていは飲み薬だけでコントロールできる場合が多いです。

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ