糖尿病の種類

糖尿病の種類

 一口に糖尿病といっても、糖尿病が発症した原因によって、4つの種類タイプに分けられます。下記の表をご覧ください。

種類 特徴
1型糖尿病

すい臓のインスリンを分泌する機能が生まれつき低いか、インスリンを作るβ細胞が何らかの原因で壊れてしまい、インスリンがでなくなることで起こる糖尿病です。子供や若い人に多く見られます。かつて「小児糖尿病」といわれていました。

1型糖尿病の場合、食事療法や運動療法を行っても、ほとんど効果がないため、インスリン療法を中心に治療を行います。

また、1型糖尿病には、急激に発症する劇症型と、数年かけて発症する緩徐進行型があります。

2型糖尿病

生活習慣の悪さや肥満が原因で、すい臓が疲れてしまい、インスリンの働きが悪くなったり、分泌量が少なくなることで起こる糖尿病です。糖尿病患者の約90%を占めます。

生活習慣の改善や治療により、進行を遅らせたり、軽快させることが可能です。食事療法・運動療法・薬物療法を行います。

妊娠糖尿病
妊娠をきっかけとして、または妊娠中に引き起こされる糖尿病です。多くの場合は一時的なもので、出産後正常に戻りますが、まれに数年後本当の糖尿病になってしまう場合があります。
その他の糖尿病

別の病気や遺伝子異常が原因で起こる糖尿病です。すい臓・肝臓・感染症などの病気や遺伝子異常がある場合は、糖尿病の原因になることがあります。

他にも、副腎皮質ホルモン剤などの薬物によっても、糖尿病が引き起こされる場合があります。

 以上の表のように、糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・その他の糖尿病の4つの種類があります。

 以前は子供の糖尿病(小児糖尿病)といえば 、1型糖尿病のことでしたが、現在では子供の肥満が増えているため、子供の2型糖尿病の発症率が増えています。

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

  1型糖尿病 2型糖尿病
発症年齢
子供や若年層(主に20歳以下) 中高年(40歳以降に多い)
原因
何らかの原因により、すい臓のβ細胞が破壊されることによる。(原因不明) 食生活や運動不足、肥満などの生活習慣の悪さによる。ストレスも関係している。
症状
突然発症する場合と、ゆるやかに発症する場合がある。発症すると病状は急激に進行する。 初期の自覚症状がほとんどなく、サイレントキラーと呼ばれる。少しずつ症状が現れてくる。
治療法
インスリン注射 基本的には食事療法と運動療法。病状によって、飲み薬やインスリン注射などの薬物療法。
体型
痩せ型が多い 肥満型が多い
人口比率
糖尿病患者全体の3~5% 糖尿病患者全体の90%以上

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ