糖尿病の症状

こんな症状はありませんか?

 糖尿病サイレントキラーとも呼ばれ、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。ですので、下記のような症状がある場合は、すでに糖尿病がある程度進行している可能性があります。

尿(おしっこ)の回数が多い、又は尿の量が多い

尿の回数が多い 糖尿病になると、ブドウ糖をエネルギーとして消費する力が弱まるため、血液中のブドウ糖が増え、血糖値が高い状態になります。

血糖値が高い状態が続くと、尿の中にブドウ糖が混ざって排出されます。尿にブドウ糖が混ざっていると、尿から甘い臭いがしたり、泡立ちやすくなります。

やたらと喉が乾くようになった

喉が渇く 糖尿病になると尿の回数や量が多くなりますので、身体の水分を補給するため、身体が水分をたくさん欲するようになります。

頻尿になったり、よく喉が乾いて水分をたくさん飲むのは、糖尿病の代表的な症状の1つです。

いつも通り食べているのに痩せる

 糖尿病になると、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えることができなくなるため、筋肉や脂肪に蓄えられたグリコーゲンをエネルギーとして使います。

その際、筋肉や脂肪が分解されますので、いくら食べても痩せるのです。この症状がある場合、糖尿病がかなり進行している可能性があります。

身体がだるい・疲れやすい

倦怠感 糖尿病になると、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えることができなくなるため、疲れやすくなり、休んでも疲れがなかなかとれないという症状がでます。

他の症状

 糖尿病の症状は、上記のようなものが代表的なものですが、他にも、目がかすむ(視力障害)、立ちくらみ、手足のしびれ、インポテンツ(性欲減退)、月経異常(女性の場合)などの症状が出ることがあります。

ケトアシドーシス(糖尿病性昏睡)

ケトアシドーシス昏睡 糖尿病の症状の中で、突然意識不明になり倒れることがあるのが、ケトアシドーシス(糖尿病性昏睡)です。

この症状は、糖尿病になるとインスリンが不足して、ブドウ糖がエネルギーとして使われないため、身体は代わりに脂肪を分解してエネルギーとして使おうとしますが、脂肪が分解される際にケトン体という物質ができます。

血液中にこのケトン体が増えると、身体がだるくなってきて、めまいや吐き気が始まり、腹痛が起こり、やがて突然意識を失い倒れるのです。


 以上のような症状がある場合は、すでに糖尿病になっている可能性がありますので、すぐに病院に行って検査を受けることをおすすめいたしますm(_ _)m

糖尿病持病があっても入れる終身保険!

最近はご高齢の方が増えてきたこともあり、糖尿病・高血圧など、持病があっても入れる保険が充実しています。通院中・服薬中でも加入可能な終身保険(死亡保険)をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ